エコな機材として知られる蓄電池があります。効率的に使えば、長い期間にわたって利用する事ができます。

人にも自然にも優しいエコロジー
人にも自然にも優しいエコロジー

エコにつながる蓄電池を効率的に使う

電池において、使いきりのものと、充電をすることで何度も使うことができるものがあります。このときにおいて効率的に使う方法があるということです。そういったことを知っておくと、充電池自体も長持ちさせることができますし、電気自体も効率的に使うことができることになります。充電池に関しては、永遠に繰り返し充電することができるというわけではありません。ある程度回数があるということです。さらにパフォーマンスも常に一定というわけではありません。あるとき急に使えなくなるというものではなく、徐々に使えなくなってくるということです。そして最終的に、全く使えなくなるということです。ですから使える後半においても、かなり利用はしにくい状態になっています。

エコな機材と知られている蓄電池ですが、充電池と同じようなことがいえるようです。もちろんためることができる電気の量がちがいます。同じようには考えられないですが、一定の方法を知っていると長く利用する事ができるということです。よく言われていることとしては、フルで電気をためないということです。その理由としては、機材自体を傷めてしまうことがあるということです。そのため、自動的に抑えてくれるものもあります。一般的には、90パーセントくらいにして利用を繰り返すようにするとよいということです。そうすると負荷をかけないので、長く利用する事ができることになります。では長期間利用することがないというときはどうするかです。

主な利用が非常用という場合、頻繁には使いません。でも急に使おうと思っても電気がないとということになります。そこで1箇月に1度は充電をするようにします。そうすることで傷みも防ぐことができます。常に充電してありますから、急なときにおいても利用する事ができるということになります。設置する場所ですが、あまり気温が高くなりすぎたり、低くなりすぎるところは避けるようにします。影など作って暑さ対策もしたほうがよいということです。

お勧め情報

Copyright (C)2014人にも自然にも優しいエコロジー.All rights reserved.